確定申告

確定申告

確定申告の定率法と定額法の比較

節税対策として欠かせない減価償却ですが、確定申告の際に計算する方法には、定率法と定額法が存在します。耐用年数に合わせてどちらも毎年償却していくのですが、償却費用を比較すると、数字が異なっていることが分かります。それぞれどのような計算式があるのか、償却方法の違いについて確認しておきたいと思います。
確定申告

確定申告で間違いに気づいたらどうすれば良い?

確定申告は、あくまで自己申請となっていますので、後々、間違いに気づくというミスをすることもあります。ただし、気づいた時点で確定申告の納付期限が過ぎてしまうと、面倒な追加手続きが発生してしまうようです。間違いに気づいたらどうすれば良いのか、その方法についてまとめておきます。
確定申告

確定申告が間に合わない場合どうすれば良い?

期末時期に入ると、仕事も忙しくなる傾向にありますが、他にも何かと雑務も増えてきます。面倒な作業の一つと言えば、確定申告が上げられますが、後回しにされる方も多いのではないでしょうか?しかしながら、確定申告には期限が定められており、間に合わないとペナルティが課される場合もあるようです。実際に間に合わなかった場合、どのような事態となってしまうのか整理しておきます。
確定申告

少額減価償却資産の特例は個人事業主(自営業)はいくらまで経費扱いできる?

事業に必要な物品を購入し、それが固定資産に該当する場合、減価償却する必要があります。 そのような中、個人事業主(自営業)を含む中小企業を対象に、少額減価償却資産の特例制度というものが存在しており、税制上、優位に働くこともあって、現在、年間50万社以上が節税対策として活用していると言われています。 少額減価償却資産の特例には、どのような条件があるのか、利用できる期限はあるのか、注意すべき点をまとめておきます。
タイトルとURLをコピーしました