STORES(ストアーズ)決済のプリンターは必要?価格一覧と安く買えるお店の比較

決済サービス

STORES(ストアーズ)決済を導入するのにレシートを印刷するプリンターは必要なの?

周辺機器のプリンターを導入するなら安く導入したいですよね?

今回はSTORES決済対応のプリンター価格の一覧をまとめました。

STORES決済にプリンターは必要?

そもそもSTORES決済の導入にあたり、レシートプリンターは必要なのか必要でないのか?

プリンターなしの場合と、有りの場合について記載します。

プリンターなしの場合

そもそもSTORES決済などの電子決済において、プリンターは必要なのか?と思うかも知れません。

STORES決済の場合、プリンターがなくてもお客様のメールにレシートの情報を送信することができます。

しかし、

①お客様のメールアドレスを入力する手間がかかる
②お客様に送信するメールの受信設定してもらう手間がかかる

このような事が考えられるので注意が必要です。

②はお客様のメールの設定で、送信したメールが迷惑メールの扱いになっている、受信拒否になっている可能性があるので個々に対応しなければならない可能性があります。

したがってメールで領収書を送付するのはあまり良い方法ではないと言えます。

メール以外には、紙の領収書を用意して手書きで対応するパターンもあるかと思います。

いずれにしても、レジが混雑する時間では対応するのに時間がかかるのでプリンターはあった方が便利だと言えます。

特にレジの稼働率が高いお店や領収書を希望されるお客様が多いお店では、STORES決済のプリンターは必要だと思います。

Mr.Y
Mr.Y

STORES決済はプリンターがなくても決済はできるので必要に応じてプリンターを導入することになります。

プリンターありの場合

決済完了時、アカウントアドレスへ利用控えのレシートが自動送信されます。

アカウントアドレスに届いた利用控えメールをプリンターで印刷し、お客様にお渡しいただくことが可能になります。

プリンターが『あり』の場合は『なし』の時と比べるとレジがスムーズになることが想像できます。

ただし、プリンターは消耗品で故障することも十分にあり得るので、使用頻度によっては予備を用意するのも一つの方法だと思います。

Mr.Y
Mr.Y

予備のプリンターは中古を用意しておくなど余裕がある時に準備しておくと安心ですね。

 

プリンターはSTORES決済に対応しているプリンターを用意する必要があります。

Mr.Y
Mr.Y

プリンターの用紙は型番・サイズを間違わないように注意してください。

STORES決済のプリンターを安く導入する方法

ここではSTORES決済の導入にあたり、使える補助金があるのか?

お得にSTORES決済対応のレシートプリンターなどの周辺機器が導入できるキャンペーンはあるのか?

公式サイト以外でSTORES決済対応のレシートプリンターは購入できるのかを記載しています。

電子決済の導入に補助金が使える?

残念ながら『軽減税率対策補助金』と言うのがありましたが、2019年9月30日までに売買の契約を締結する必要がありました。

期間を過ぎているので、軽減税率対策補助金の申請は受付終了となっています。

使えるとすれば、持続化補助金自治体が公募している補助金が考えられますが、プリンターの費用だけ申請するには手間がかかるだけであまりメリットがないように感じます。

商工会や商工会議所に所属しているのであれば、何かしらの補助金が活用できないか相談するのはありだと思います。

また、どうしても安くプリンターを入手したいのであれば中古を購入するという選択肢もあります。

STORES決済のプリンターを安く導入する方法

次の章でSTORES決済の公式サイトに記載のあるプリンターの価格を一覧でまとめています。

安く買う方法としては
・中古のプリンターを購入
・同じ型番のプリンターで安いところを探す
などが考えられます。

中古の場合、状態が分かりにくい事とプリンターは消耗品である事を考えると、あまりおすすめはできません。

次の章ではSTORES決済の公式サイトにあった同じ型番のプリンターやタブレット固定ができるプリンターなどの周辺機器において、
・amazon
・楽天
・Yahooショッピング
の比較ができるようにしています。

各ショッピングサイトに『STORES決済対応』のように記載しているので安心して購入できるかと思います。

同じ商品(新品)でも価格が異なるので一度チェックしてみてください。

価格が安いプリンターやポイント付与など安く(お得に)買うことが可能となります。

STORES決済対応のプリンター価格(新品)

STORES決済対応のプリンターの価格一覧をまとめました。

据え置きプリンターの価格一覧

据え置きプリンターの画像です。

スーパーのレジでよく見かけるタイプで、電源はアダプターなので一度設置したら基本的には移動させない使い方になります。

レシートプリンター「mC-Print3」(スター精密)

型番:MCP31LB
紙幅:80mm
価格:52,000円(税込)
iOS / Android 対応




レシートプリンターTM-T20II(EPSON)

型番:TM202BI136、TM202BI036
紙幅:80mm
価格:50,600円(税込)
iOS / Android 対応



 

レシートプリンター「TM-m10」(EPSON)

型番:TM10UB611、TM10UB612
紙幅:58mm
価格:55,691円(税込)
iOS / Android 対応




レシートプリンター「TM-m30」(EPSON)

型番:TM30UBE611、TM30UBE612
紙幅:80mm/58mm
価格:49,500円(税込)
iOS / Android 対応



レシートプリンター「TM-m30Ⅱ-H」(EPSON)

型番:TM302H611W、TM302H612B
紙幅:80mm/58mm
価格:41,469円(税込)、60,361円(税込)
iOS / Android 対応



モバイル プリンターの価格一覧

モバイル プリンターは持ち運びが可能でコンパクト、しかも小型でリーズナブルです。

移動販売などにも使えますし、お客様の席で決済も可能になります。

モバイル型レシートプリンター「MP-B20」(セイコーインスツル)

この一覧の中で最安値のプリンターです。

紙幅:58mm
価格:16,400円(税込)
iOS / Android 対応

モバイル型レシートプリンター「SM-S210i」(スター精密)

紙幅:58mm
価格:31,622円(税込)
iOS / Android 対応



モバイル型レシートプリンター「SM-L200」(スター精密)

紙幅:58mm
価格:18,980円(税込)
Android 対応
※iOSはBluetooth4.0(BLE)通信対応機種のみ



モバイル型レシートプリンター「TM-P60Ⅱ」(EPSON)

型番:TMP602B853
紙幅:58mm
価格:66,159円(税込)
iOS / Android 対応


 

モバイル型レシートプリンター「TM-P20」(EPSON)

型番:TM-P20B563
紙幅:58mm
価格:44,232円(税込)
iOS / Android 対応


タブレット固定ができるプリンターの価格

設置イメージ

レシートプリンター タブレットターミナルモデル「TM-m30Ⅱ-S」ご紹介動画_1206705363581

レシートプリンター「TM-m30Ⅱ-S」

型番:TM302-S1W、TM302-S1B
紙幅:80mm/58mm
価格:72,660円(税込)、72,700円(税込)
iOS / Android 対応


 

STORES決済対応のプリンターのまとめ

STORES決済対応のプリンターは種類が豊富で主に、

・据え置き型
・モバイル型
・タブレット固定型

の種類があります。

モバイル型は小型で移動もできるので様々な用途に使うことができそうです。

STORES決済対応のプリンター価格については、大手のECサイトでも同じ型番が見つかります。

比較すると値段にバラツキがあり、販売ショップによって値段は変わるとは思いますが定価より安く買うことは可能だと思います。

また、大手ECサイトの場合はポイントが付与されたり、クレジットカードのポイントが付与されたりとお得に買い物できます。

★★★★★★★★
STORES決済の申し込みはこちら
STORES 決済 (旧:Coiney)
★★★★★★★★


関連記事

STORES(ストアーズ)決済の導入費用と導入方法!【店舗向け】
STORES(ストアーズ)などの電子決済を導入すると経営者として一番気になるのは費用に関することだと思います。 STORES(ストアーズ)の導入時にかかる費用、導入後のランニングコストとSTORES(ストアーズ)の導入方法をまとめまし...

 

タイトルとURLをコピーしました