低価格の三層構造フィルター不織布マスク

マイナンバーカード

マイナンバーカード

マイナンバーカードのスマホ写真でオンライン申請した流れ【注意点】

マイナンバーカードの申請をオンラインで行ったので受け取りまでの流れと注意点を記載します。スマホのカメラで写真を撮ればすぐに申請することができます。ただし受け取りまでには時間がかかるので早めの申請をおすすめします。
マイナンバーカード

マイナンバーの用途は?どんなことに使えるの?

個人識別番号として配布されているマイナンバーですが、利用する機会が少なく、保管し忘れている方もいるのではないでしょうか?実際のところ、大切に管理しなければならないものなのですが、用途をちゃんと把握すれば、マイナンバーに対する考え方が変わってくるかもしれません。一般的な個人、個人事業主を含む自営業、法人化による会社組織によっても、使い方に特徴が出てきますので、それぞれの用途別にマイナンバーについて確認しておきましょう。
マイナンバーカード

自治体ポイントとマイナポイントとの違いは?使い方や有効期限は?

地域活性化の目的の1つとして導入されている自治体ポイントですが、全国的に見ると、あまりメジャーなものとは言えないようです。原因の1つとして挙げられているのが、自治体ポイントを利用するために必要なマイナンバーカードの普及率の低さで、発行枚数は対象者全体の10%となっています。それを危惧した総務省では、新たな施策としてマイナポイントの導入を検討しています。自治体ポイントとマイナポイント、どのような違いがあるのか、活用方法や利用条件はどうなっているのか、それぞれの特徴を比較することにしましょう。
マイナンバーカード

マイナンバーの申請方法!マイナンバーカードの申請期間が早いのは?

2015年10月から年末にかけて実施されたマイナンバーに関する掲示ですが、この期間に対象者1人1人へ配布されています。中には長期不在などにより、受けっていない方もいらっしゃるようで、普段の生活へ支障をきたしていないことから、放置したまま今に至っているとのことです。改めて重要性を知るとともに、マイナンバーの申請方法について確認していきましょう。
マイナンバーカード

マイキーIDとは?マイキーIDの設定登録方法

マイキーIDとはマイナンバーカードと連携させるIDで自治体ポイントやマイナポイントを利用するには必要になります。マイナンバーの普及率は人口の10%台なのであまり知られていないかも知れません。自治体ポイントは地域の活性化を目的に、自治体自ら発行しているポイントサービスで、マイキーIDの設定登録が必要になります。消費税増税に伴う政府の施策に、キャッシュレス・消費者還元事業がありますが、総務省では自治体ポイントとの連動を検討しているようです。マイキーIDと自治体ポイントについての記載します。
マイナンバーカード

マイナポイントとは?上限はあるの?

キャッシュレス決済は今後どうなる?一時的に加熱して終わるのか?色んな想いがあり、キャッシュレス決済導入を見送っている店舗や経営者もいるのではないでしょうか?マイナンバーカードもあまり普及しなかったですが、キャッシュレス化によってマイナンバーカードを作るメリットが出てきました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました