低価格の三層構造フィルター不織布マスク

光回線乗り換えの注意事項と口コミのまとめ

光回線乗り換えWi-Fi

動画配信サービス等の普及に伴いインターネット回線の高速化が必要となっており、その中で最も適していると言われているのが光回線です。

今では大手企業だけでなく、小規模施設や一般家庭にまで導入するようになっており、多くの光回線事業者が存在しています。

他社との差別化を図るところもあり、乗り換えを検討されている方もいらっしゃると思いますので、注意事項や口コミをまとめていきます。

光回線を乗り換えた人の口コミ

光回線を乗り換えた方はどのような考えを持っていたのでしょうか。

よくある口コミを取り上げてみました。

口コミ1:「料金が安くなった」

自分の住んでいる地域では複数の光回線業者を選択することができ、契約中の業者と他社比較をしたところ、今よりも安い料金で契約できることが分かりました。

見積もりをとってもらったのですが、毎月の料金が1,000円近く安く抑えることができすぐに乗り換えを決めました。

口コミ2:「回線速度が改善された」

スマホの従量課金がかさむようになり、無線ルーターを設置してWi-fiを導入したのですが、パソコンの速度が不安定になってしまいました。

回線速度が問題だったようで、1Gを安定して供給してくれる光回線業者へ乗り換えたのですが、今ではスマホもパソコンも問題なく使えるようになりました。

口コミ3:「サポートが向上した」

地方に住んでいるのですが、光回線が断線するのか、ちょくちょくつながらないことがよくありました。

サポートセンターへと問い合わせると、アクセスが集中しているとかで安定するまで待つように言われてストレスを感じていました。

知人に勧められて光回線業者を乗り換えたのですが、回線のトラブルを調査してくれたり、ルーターの設定をアドバイスしてくれたりと満足のいくサポートが受けられるようになりました。

光回線の乗り換え違約金負担について

条件の良い光回線業者へ乗り換えるメリットは十分に伝わったかと思われます。

それでは現在契約している光回線から新しい光回線へ契約するのに問題がないのか確認してみましょう。

・光回線は長期の契約することになります

光回線にかかる費用は、初期費用(回線工事)、月額費用(回線料金、プロバイダー料金)となっており、初期費用は20,000円~40,000円が相場となっています。

初期費用を軽減するため、多くの方が分割払いとして月額費用に加算していますが、これを含めた契約期間は2年~5年となっています。

・途中解約すると違約金が発生します

契約更新前に解約すると、違約金が発生することになり、初期費用や月額費用の残債を求められるケースがよくあります。

場合によっては何万円もの違約金を支払うことになりますので、契約前に違約金についてしっかりと確認しておきましょう。

中には、乗り換えのタイミングを躊躇している方をサポートするべく、多くの光回線業者では違約金を負担してくれるキャッシュバックサービスを実施しています。

キャッシュバックまでの流れは、新しい光回線を導入したタイミングで支払われることになりますので、光回線が利用できないという事象に陥らないようにサポートしてくれます。

WEBお申込み特典!最大85,000円キャッシュバック!【フレッツ光】

光回線の乗り換え工事はどうなるの?

光回線を乗り換える場合、どのような手順となるのか確認してみましょう。

・申し込み

選定した光回線事業者へ乗り換えの申し込みをします。

この際、乗り換えにあたっての条件を確認したり、回線工事の流れや日程を決めたりするやり取りを並行しておこなうことになります。

・解約手続き

契約中の光回線事業者へ解約する旨を伝えます。

サービスの停止日時や違約金に関する内容を確認することになりますが、乗り換える光回線事業者によっては代行で手続きをおこなってくれるケースもあります。

・工事

新たな光回線の工事をおこないます。

回線工事は屋外での光ケーブルを引き込む作業と、屋内でのLANケーブルを接続するための始点作業とありますが、基本的に光回線を乗り換える場合、屋外作業だけで済むことが多いです。

なお、フレッツ光については屋外作業もしなくて済むことが多く、理由としては光ケーブルの工事代行をNTT東日本、NTT西日本により管理していることが挙げられます。

例外として、古いタイプや特殊な構造から工事が必要となった場合、屋内と屋外の療法で工事をすることになりますが、条件に見合っていればフレッツ光では無料でおこなってくれるキャンペーンを実施しています。

光回線の乗り換え電話番号はどうなるの?

光回線が使われるようになってから、電話番号が変わってしまうという問題が起こっています。

どのようなときに電話番号が変わってしまうのか確認しておきましょう。

・アナログ回線時代の電話番号

アナログ回線やISDN回線が主流であったころ、一意の番号として管理されていたのが固定電話番号となっていました。

そのため、電話交換局では登録されている電話番号を通して発信元から着信元へ交換する仕組みとなっており、権利を放棄しない限り、同じ市外局番に引っ越しても電話番号は変わりませんでした。

・光回線と同時にできた電話番号(光発番)

光回線はブロードバンド技術を取り入れているため、電話番号とは違った固定IDで識別することになっており、その固定IDへ紐づける番号を電話番号(光発番)として登録しています。

そのため、光回線用に発番される電話番号は任意登録となっており、各光回線事業者へ割り振られた番号から選ぶことになっています。

一意である固定電話番号は、どの光回線事業者と契約しても権利を引き継ぐことができるため、自分が所有している固定電話番号を固定IDへ紐づけることが可能となっています。

一方、光発番された電話番号は解約すると光回線事業者へ権利を返却することになりますので、新しく契約した光回線事業者から別の電話番号が付与されることになるのです。

なお、フレッツ光では、電話番号を変えたくないとい人向けに転用承諾番号という制度を設けています。

乗り換え先をフレッツ光にした場合、他の光回線事業者から該当する番号を譲り受けることができる場合があるとのことで、同じ電話番号を使いたい方は乗り換え前に相談してみて下さい。

WEBお申込み特典!最大85,000円キャッシュバック!【フレッツ光】

フレッツ光の光コラボとは?

フレッツ光では新たに光コラボレーションという制度を導入しています。

光回線自体はフレッツ光を利用するのですが、プロバイダー契約はフレッツ光の代行業者がおこうなうという内容となっています。

つまり、光回線の契約は代行業者とおこなうことになり、同じ光回線でありながら異なったサービスを受けることになるのです。

サービス内容には、料金、サポートセンター、特典などがあり、基本となる回線速度に関しては一律となっています。

代表的なもので言えば、ドコモ光、ソフトバンク光、NURO光、auひかり、So-net光、コミュファ光、OCN光が挙げられます。

これらの殆どが3大携帯電話会社に属しており、例えばドコモと契約している方はドコモ光と契約することで、通常のフレッツ光を利用すると共に、ドコモの特典を受けるメリットが生じてくるのです。

スマホや携帯電話、パケット通信に関する料金の割引があるのでとてもお得と言えます。

光回線の乗り換えまとめ

光回線の乗り換えについて確認してきましたが、タイミングが重要となってくることが分かったかと思われます。

特に違約金問題に関しては、せっかく利用料金が安くなっても返って割高となるケースが発生してしまいます。

光コラボレーションを含めて、乗り換え先を選定するとともに、どの時期に乗り換えれば条件の良い契約ができるのか確認しておきましょう。

WEBお申込み特典!最大85,000円キャッシュバック!【フレッツ光】
タイトルとURLをコピーしました