低価格の三層構造フィルター不織布マスク

個人事業主が法人クレジットカードを持つメリットとデメリット

個人事業主法人カードを持つメリットとデメリット資金繰り
スポンサーリンク

個人事業主にとっても大切なキャッシュフローですが、なるべく支払いを後にして仕入れを充実させたいことと思われます。

その有効な手段の一つとして、支払いを後伸ばしにできるクレジットカードを利用する手があります。

個人事業主がビジネス用にクレジットカードを所有するにあたり、メリット・デメリットについてまとめていきます。

スポンサーリンク

個人事業主は法人クレジットカードを作れるの?

一般のクレジットカードを作成して、それをビジネス用途で使用することはもちろん可能ですが、一枚のクレジットカードをビジネスとプライベートで使い分けるのは、経理処理を考えるとかなり面倒になってきます。

それを解決する方法の一つに法人クレジットカードを所有することが挙げられます。

法人クレジットカードと言うと、法人登録をして会社名義で作成(コーポレートカード)するイメージがありますが、個人名義でも法人クレジットカードを作成することは可能で、個人事業主向けクレジットカードとしてビジネスカードと呼ばれるものが存在します。

名前自体は法人名、個人名のどちらでも良いのですが、登録する口座は個人所有のものを利用することになり、お金の出し入れを複数の銀行口座に分ける必要がなく、従来通りの使い方ができます。

法人クレジットカードを利用するメリットとは?

個人事業主が法人クレジットカードを持つメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

<出費や借入時の対応>

個人事業主の場合、銀行借入までの時間を要するだけでも仕入れに大きく影響するケースが考えられます。

法人クレジットカードを用意すれば、一般のクレジットカードよりも利用限度額も高く設定することができますし、現金の調達にもローン借入を組むこともできます。

急な用立てとして期待が持てることでしょう。

<ビジネスとプライベートの区別化>

一枚のクレジットカードだけですと、利用記録を見ながら領収者やレシートと照らし合わせて、どれがビジネス用で使用したかチェックする仕分け作業の手間が発生します。

法人クレジットカードを用意すれば、ビジネス用、プライベート用に仕分けされることになりますので、それぞれどのように使用したのか簡単に整理することができるようになります。

<税務や経費作業の軽減>

法人クレジットカードの利用明細は税務上の証書として有効なものとなっていますので、確定申告時の提出資料に使用することができます。

また、キャッシュフローの確認としても利便性が高く、銀行口座の入出金履歴と照らし合わせながら、どのくらいの経費が必要か簡単に追えることができ資金繰りなどに最適です。

<付帯サービスの優遇>

クレジットカードを利用するうえで最大の特典と言えばポイントサービスではないでしょうか。

カードの利用金額に応じてポイント還元してくれますが、仕事上の請求払いの他にも、公共料金の支払いや事務用品の備品購入などでもポイントが付与されます。

電車や飛行機での移動が多い方には、保険特典のあるクレジットカードがありますので、事故や災害に見舞われたケースに役に立ちます。

法人クレジットカードを利用するデメリットとは?

個人事業主が法人クレジットカードを持つデメリットはほとんどないのですが、利用する上で注意しなければならない点があります。

<審査基準の厳格性>

個人事業主と名乗っているだけで実態が証明されないようでは、法人クレジットカードの申請をすることはできません。

クレジットカード会社では事業内容が分かる資料、年収や確定申告の証明書、借入(借金)の有無など細かくチェックしていきますので、場合によっては申請を却下されることもあり得ます。

そうなると、半年くらいは再申請できなくなりますので、申請に漏れがないか事前準備を怠らないように心がけましょう。

<年間維持費の負担>

一般のクレジットカードは年間維持費の無料特典があるものも数多く存在しますが、法人クレジットカードでは必ずと言っていいほど費用が発生してしまいます。

会員ランクや付帯サービスの内容によっては年間維持費が1万円以上となりますので、自分に見合った法人クレジットカードを選定する必要が出てきます。

個人事業主が法人クレジットカードを持つメリットとデメリットのまとめ

法人クレジットカードについて知っておくべきことをメリット・デメリットの両面で見てきましたが、個人事業主にとって有利に活用できる反面、審査基準が厳しいことが理解できたかと思われます。

また、維持費用も考えるとビジネスで利用するケースが少ない方には負担になってくる恐れもありますので、自分がどのようにクレジットカードの特性を使いこなすことができるのか、まずは検討することから始めてみて下さい。

業績が良いときは不要かも知れませんが、業績が悪くなってしまうと審査に通りにくくなる可能性もあります。

作るタイミングが難しいかも知れませんが、考えることに損はありませんよね?

法人クレジットカードのメリットとデメリット知っておきたいコト
キャッシュレスで精算する方法にクレジットカードを利用することがあります。クレジットカードは一般のみならず法人にも適用することができ、総称して法人クレジットカードと呼ばれています。では、この法人クレジットカードは会社経営をされている方にとってどのような効果があるのでしょうか。法人クレジットカードをメリット・デメリットに分けて見ていくことにします。
資金繰り
スポンサーリンク
B-Oceanをフォローする
スポンサーリンク
B-Ocean
タイトルとURLをコピーしました