低価格の三層構造フィルター不織布マスク

ワイモバイルの法人契約に必要な書類

ワイモバイル法人契約に必要な書類ワイモバイル法人契約
スポンサーリンク

ワイモバイルと言えば、格安スマホとして人気がありますが、個人契約だけでなく法人契約することも可能となっています。

ワイモバイルが提示する必要な書類を用意することが条件となっており、申込方法もいつかあるようです。

法人契約するにはどのような方法があるのか、必要な書類と合わせて確認したいと思います。

スポンサーリンク

ワイモバイル法人契約に必要な書類

現在、ワイモバイルはソフトバンクの傘下となっており、ソフトバンクの回線網を利用した低価格のサービスを実施しています。

SIMフリー(SIMロックがかかっていない)の端末を所持しているのであれば、ワイモバイルと低価格のSIMカードの契約をするだけで、スマホや携帯電話をそのまま利用することができます。

端末を所持していない場合、SIMカードと端末をセットで契約することになり、機種は限定されてしまいますが、低価格の端末も同時に手に入れることができます。

いずれも、法人契約することが可能となっており、さらに、使用領域はソフトバンクと同等となっているため、経費を抑える手段として注目されています。

法人契約に際して、必要とされる書類は、法人の確認書類、法人の印鑑、支払い方法に応じた関係書類となりますが、さらに、契約をおこなう方によっては、法人に在籍している確認書類も必要となってきます。

法人の確認書類

・登記簿謄(抄)本
・現在(履歴)事項証明書
・印鑑登録証明書
のいずれかとなっており、発行から3ヵ月以内の原本が該当します。

法人の印鑑

角印、丸印のどちらでも可能となっています。

支払い方法に応じた関係書類

支払い方法は、口座振替、クレジットカード決済から選ぶことになります。

口座振替に必要なものは、口座名義、口座番号がわかるもの(通帳、キャッシュカードなど)と、金融機関届出印となります。

クレジットカード決済に必要なものは、代表者のクレジットカードとなりますが
・VISA
・マスター
・JCB
・アメリカンエキスプレス
・ダイナース
以外にも契約できるクレジット決済があります。

クレジットカードでのお支払い
→ https://www.ymobile.jp/support/payment_method/credit/

法人に在籍している確認書類

社員や関係者を介して契約をおこなう場合、本人確認書類と在籍確認書類が必要となります。

本人確認書類に必要なものは、運転免許証やパスポート、マイナンバーカード等の身分証明書となります。

在籍確認書類に必要なものは、社員証や名刺などの正規に法人が発行した証明書となります。

ただし、代表者本人が契約をおこなう場合、法人の確認書類へ当人であることが証明されるため、確認資料は特に必要ありません。

ワイモバイル法人契約はネットでもできる?

ワイモバイルの法人契約ですが、ネットだけで締結することはできません。

ネットを使った申込方法は以下の手順となっています。

法人契約専用窓口へ連絡

ワイモバイルでは、ワイモバイル法人ダイレクトと呼ばれる法人契約を専門に担当している窓口があり、申込の際には、こちらへ電話またはメールで連絡することになります。

必要書類の送付

最初に、法人の事実確認をおこなうため、前述した書類の写しをメールもしくはFAXで送付します。

審査が通ると、ワイモバイル側で専用の申込書を作成します。

申込書の授受

ワイモバイルより申請書が届きましたら、内容を確認のうえ、必要事項に記入して捺印し、申請書の写しをメールもしくはFAXで送付します。

その後、ワイモバイル側で全ての書類に不備がないか確認をします。

原本の郵送

最終的な申請手続きをおこなうために、必要書類と申込書の原本をワイモバイルへ郵送します。

それと同時に、ワイモバイル側では、本人確認のため登録された住所へ簡易書留を郵送します。

法人契約の本登録

原本の確認と、簡易書留の受け取りをもって、ようやく法人契約の本登録がおこなわれます。

数週間後に、契約したSIMカードや端末が宅配便で送られてくることになります。

ワイモバイル法人契約はショップ(店舗)でもできる?

ワイモバイルは、格安スマホとして低価格のサービスを実施しているにもかかわらず、ショップ(実店舗)経営を全国的に展開しており、直営店、ソフトバンクでの取扱店、代理店を含めると数千規模となっています。

法人契約に関してもショップで契約することが可能となっています。

ショップでの申込方法は以下の手順となっています。

<近くのショップへ連絡>
前述した必要な書類を用意して、最寄りのショップを訪問します。

ネットではショップ検索および来店予約することができます。

ショップ検索・予約
→ https://www.ymobile.jp/shop/

<申込書の作成>
ワイモバイル側で用意した申込書へ、 必要事項を記入して捺印し、必要書類と合わせて提出します。

<法人契約の本登録>
法人契約の本登録が完了すると、契約した本人へ連絡が届きます。

その後、契約したSIMカードや端末をショップで受け取ることになります。

ワイモバイル法人ダイレクトよりも直接ショップを訪れた方が、確認作業のプロセスが簡素化されますので、訪問する手間があるものの、より早く端末を入手することができます。

ワイモバイル法人契約にすると安くなるか試算してみた。
個人契約のワイモバイルを法人契約にするとどれくらい安くなるのか試算してみました。携帯料金は放置していると、知らない間に高くなってることありますよね?新規で購入して、半年や1年は基本料金が安かったですが、いつの間にか結構いい値段になってることも・・・。
ワイモバイルの法人契約は個人契約と比較するとお得なの?
ワイモバイルには法人契約と個人契約があります。それぞれ、料金やプランは同じものを用意しているようですが、割引サービスやオプションによる違いが出てきます。 法人契約と個人契約について、いくつかの条件で比較をしながら、どちらがお得なのか比較します。
ワイモバイルの法人契約でMNPはできる?
既に他社と法人契約した後、格安スマホを提供しているワイモバイルの存在を知り、そのサービス内容が会社へ適していると思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。電話番号を変えずに他社へ転入する手続きをMNPと呼びますが、ワイモバイルでもMNPを利用することが可能となっています。ワイモバイルでのMNPはどのようにおこなうのか、いくつかのケースを取り上げて記載します。
ワイモバイルの法人契約のプランと料金
ワイモバイルでは、法人契約においてもより低価格化を実現しています。変更されたプランには、割引サービスやオプションも用意されており、用途に応じて組み合わせることが可能となっています。ワイモバイルのプランと料金、サービス内容について、法人契約へ焦点を当てて確認したいと思います。
タイトルとURLをコピーしました