低価格の三層構造フィルター不織布マスク

スマートコード を導入すればQRコード決済をまとめられる?

Smartcode導入キャッシュレス導入
スポンサーリンク

何種類ものQRコード決済を導入するとレジまわりの混乱の原因になりますよね?

QRコード決済を一本化を考えているのであれば、JCBが提供するSmart Code(スマートコード)の導入が良いかも知れません。

スポンサーリンク

スマートコードとはどんなサービス?

スマートコードは、大手クレジットカード会社のJCBが提供するQRコードを利用したスマホ決済サービスです。

今までは、メルペイ、楽天ペイ、オリガミペイ、ペイペイ等、店舗側では導入するサービスに併せてそれぞれの会社と個別契約することが必要でした。

このような手間のかかる業務負担を軽減すべく、JCBが統一化したQRコード(スマートコード)を各決済サービス事業者に導入してもらうスキームとなっています。

各社のQRコード生成処理にスマートコードを用いることで、店舗側ではどの会社の決済サービスを用いるのか把握する必要がなく、顧客が提示したスマートコードを読み取るだけで決済が完了することになります。

内部的なイメージとしては、スマートコード管理センターが決済サービス事業者の契約条件と加盟店の利用条件を一本化しますので、店舗側では契約や利用条件を意識することなく、各決済サービス事者に準拠した処理がおこなわれていきます。

 

<スマートコード(専用端末決済)【店舗決済】>

店舗でコード払い決済(バーコード、QRコード)ができます。

公表はありませんが、既にコードをスキャンできるPOSやレジ用端末を持っている場合、スマートコードを読み取れるように改修するだけで操作が可能となることが予測されます。

例)

お店:レジ打ちにより合計金額を提示

お客様:コード払いを告げて決済用QRコードを生成、提示

お店:コード払いを選択してスキャナーでQRコードを読み取り

お店:決済完了を確認

 

<スマートコード(アプリ決済)【店舗決済】>

店舗でQRコード決済ができます。

公表はありませんが、専用アプリをダウンロードしてスマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)で操作が可能となることが予測されます。

例)

お客様:コード払いを告げて決済用QRコードを生成、提示

お店:アプリを起動して決済金額を入力

お店:QRコードを読み取り、決済を実施

 

<利用できるクレジットカード>
公表なし
※提携した決済サービス事業者に準ずることが予測されます
<利用できる電子マネー>
公表なし
※提携した決済サービス事業者に準ずることが予測されます
<利用できるQRコード>
公表なし
※2019年2月時点ではメルペイのみ提携

注)スマートコード加盟店(直接契約)、提携した決済サービス事業者(間接契約?)とでは条件が変わってくるかもしれません。

スマートコード導入にかかる費用

・導入費用
公表なし

・利用環境
公表なし
※専用回線もしくはインターネットが使える環境が必要と予測されます

・決済手数料
公表なし
※提携した決済サービス事業者に準ずることが予測されます

・入金手数料
公表なし
※提携した決済サービス事業者に準ずることが予測されます

・入金回数
公表なし
※提携した決済サービス事業者に準ずることが予測されます

注)スマートコード加盟店(直接契約)、提携した決済サービス事業者(間接契約?)とでは条件が変わってくるかもしれません。

スマートコードの導入方法と審査期間

スマートコードの導入方法

スマートコードの導入サイトは今のところ見つかりません。

・申込方法
公表なし

スマートコードの審査期間

公表なし

スマートコードの審査に必要なもの

公表なし

スマートコードの審査の注意事項

公表なし

<Smart Code加盟店について>

JCBが2019年より加盟店網の開拓を行います。クレジットカードの決済端末網を提供 する株式会社日本カードネットワーク等との提携により、コード決済の導入開始から 完了までスピーディーに対応します。

引用:https://www.global.jcb/ja/press/00000000162781.html

現段階ではネット上の情報は不足しているように思います。

 

スマートコード導入に向いている業種と理由

現状、それぞれの決済サービス事業者ごとに決済するには、専用アプリ等をインストールすることになり、会計処理に負担がかかっています。

利用者が使う決済サービスが増えれば増えるほど、その負担は計り知れないものがあります。

そのような中、複数の決済サービスを1つの専用端末で決済できるよう、ハード面でのサポートをしてくれる事業者も出てきており便利になったと言われていますが、それでも決済サービスを選択する手間があることに変わりはありません。

スマートコードは、この問題を根本から解決するためにQRコード自体を統一化する動きをしています。

今後、後発でサービスを開始する事業者を意識することなく、各々の決済サービスを導入することを考えると、かなり利便性の良いものではないでしょうか。

小規模な店舗や個人経営者など、全体の仕組みに精通していなくとも多くの決済サービスを導入したい店舗に向いていると思われます。

スマートコードのキャンペーン情報まとめ

公表なし

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました