低価格の三層構造フィルター不織布マスク

Amazon Pay(アマゾンペイ)導入はネット、実店舗に向いている

AmazonPay導入キャッシュレス導入

amazonのウェブショッピングで購入したことがあるユーザーは多いと思います。

Amazon Payはネットのお店だけではなく実店舗で導入可能です。

ネットユーザーが多いのでAmazon Payもチェックしておきたいキャッシュレス決済だと思います。

スポンサーリンク

アマゾンペイとはどんなサービス?

ECサイト大手のアマゾンが提供する決済サービスで、使用方法はアマゾン以外のECサイトでアマゾンアカウントを利用して商品やサービスを購入する仕組みとなっています。

利用者はアカウントに登録されている配送先やクレジットカード情報によって、数回のクリックで注文を完了させることができます。

一方の店舗側は、運営しているECサイトのプラットフォームへ専用のプラグインを導入することで、アマゾンペイによる決済ができるようになります。

2018年8月になると、アマゾンとアマゾンペイの代理店でもあるニッポンペイの共同事業により、Amazon Pay実店舗スマートフォン決済として、対人販売をおこなう店舗へアマゾンペイが導入できるサービスが発表されました。

利用者は従来のAmazonショッピングアプリ(アマゾンペイQRコード生成)、店舗側は専用のタブレット端末を利用して決済することになります。

加盟店契約は、専用のタブレット端末を管理しているニッポンペイの子会社ニッポンタブレットとおこなうことになります。

<タブレット型(アプリ決済)【店舗決済】>

お客様が店舗でQRコード決済ができるサービスです。

代理店経由(ニッポンタブレット)の場合、端末は専用のタブレットで操作します。

<決済方法:ワンタイム型>

お店:決済金額を端末に入力

お客様:QRコードを提示

お店:QRコードを読み取り決済完了を確認

スポンサーリンク

アマゾンペイ導入にかかる費用

導入費用

・初期費用:無料
専用タブレット(ニッポンタブレット端末)
レンタル(回線費用含む)

・月額費用
300円(税別)
専用タブレット保証サービス(故障、破損などの事故対応)
1年後に12ヶ月分を一括払い
※保証サービスに加入しない場合の事故対応には弁償代金15,000円(税込)

・利用環境整備
利用者、店舗側でインターネットが使える環境が必要です。

決済手数料

決済手数料:3.50%
(ニッポンタブレットの場合)Amazon Pay※2020年末まで1ヶ月の決済合計額10万円まで決済手数料0%

入金

(ニッポンタブレットの場合)
・入金手数料
 無料

・入金回数
 月1回払い
月末日締めの翌月15日払い

スポンサーリンク

アマゾンペイの導入方法と審査期間

アマゾンペイの導入方法

アマゾンペイの導入はこちら(ニッポンタブレット公式サイト)
→ https://nippon-tablet.com/function/qr-code/amazon-pay

代理店経由で申し込みをおこなう場合、代理店の決済サービスの審査とは別にアマゾンペイによる審査が追加されます。

・申込方法(法人・個人事業主共通)

WEBサイトからサービスの申し込み

審査期間

申し込み日から15~20営業日

※ニッポンタブレット:5~10営業日

※アマゾンペイ:10営業日

審査に必要なもの

<確認書類(個人の場合)>
・本人確認
・運転免許証、保険証など
・口座情報
・写真
・内観、外観、取扱商品・サービス

<確認書類(法人の場合)>
・法人ナンバー
・口座情報
・写真
・内観、外観、取扱商品・サービス

審査の注意事項

公表なし

スポンサーリンク

アマゾンペイ導入に向いている業種と理由

アマゾンペイは、ECサイトでアマゾンアカウントを所持している利用者が自動的に適用されるサービスとなっており、多くの潜在的なユーザーがいることになります。

クレジットカード(VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナーズクラブ、JCB、銀嶺カード)を所有していることが条件となっており、社会的にも信頼度があることになります。

クレジットカードを利用した決済から手数料率は高めに設定されていますが、外国観光客も利用できることを考えれば、インバウンド対策にも適した決済サービスと言えます。

実店舗向け決済サービスは、中小企業や個人事業主を視野に入れたサポートを打ち出しており、キャンペーン展開等により導入しやすくしているのは嬉しいのではないでしょうか。

また、ニッポンタブレットが提供する専用タブレットは、アマゾンペイだけでなく他の決済サービス(d払い、プリン、PAY ID、atone、WeChat Pay)にも追加契約することが可能となっています。

店舗へ来店する利用者に合わせて色々な決済サービスを導入できることから、ネットのお店、実店舗のどちらにもに向いていると言えます。

スポンサーリンク

アマゾンペイのキャンペーン情報まとめ

・2020年末まで
決済手数料0円キャンペーン
月額合計10万円まで
無料

月額合計10万円以降
3.50%

・10%上乗せ還元キャンペーン

概要
キャッシュレス決済売上10%上乗せ還元

内容
毎月の売り上げ決済金額合計に対して10%分をキャッシュバック

※1回の決済あたり最大5,000円が上限

例)
1回の決済20,000円の場合は2,000円
1回の決済50,000円の場合は5,000円
1回の決済60,000円の場合は5,000円

申込期間
2019年4月1日 (月) ~ 2019年7月31日 (水)

適用期間
2019年4月1日 (月) ~ 2019年9月30日 (月)

※付与金額が全体で100億円に達した場合は途中終了

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました