ニッポンタブレットのQRコード決済端末を導入する方法

ニッポンタブレットキャッシュレス導入

Amazon Payの導入を検討したことがある方はニッポンタブレットをご存知かも知れませんね。

ニッポンタブレットはAmazon Payの代理店として有名です。

決済端末の使い方は動画のリンクを貼っていますのでご確認くださいませ。

スポンサーリンク

ニッポンタブレットとはどんなサービス?

ニッポンペイの子会社であるニッポンタブレットが運営するQRコードマルチ決済サービスとなっており、世界的規模で流通しているECサイトのアマゾンが所有するAmazon Payの代理店として有名な会社です。

Amazon Payの他にも国内外で主流となっているQRコード決済サービスを提供していますので、複数のQRコード決済サービスを同時に導入することが可能となっています。

専用のタブレットを使用することになりますが、QRコード決済サービスとしてだけではなく、オプションで、7か国語のテレビ通訳、店内BGMサービスや店舗カメラサービスの機能があります。

上級者向けにはスタンプカードやクーポンカードの発行といった集客効果を期待できる機能も備わっています。

<NIPPON PAYスマート決済サービス 【店舗決済】>

店舗でQRコード決済ができます。

端末は専用のタブレットで操作可能

専用アプリをダウンロード

ストアスキャン方式

例)

お客様:コード払いを告げて一般向けアプリを起動

お客様:精算用のQRコードを発行して提示

お店:加盟店向けアプリを起動して QRコードを読み取り

お店:金額を入力して決済を実施

お店:お客様へ決済完了を通知

ニッポンタブレット 店舗でのタブレット利用シーン

 

 

<利用できるクレジットカード>
なし
<利用できる電子マネー>
なし
<利用できるQRコード>
Amazon Pay、d払い、プリン、PAY ID、atone、WeChat Pay
スポンサーリンク

ニッポンタブレット導入にかかる費用

・導入費用
専用タブレット(ニッポンタブレット端末)
無料
※レンタル(回線費用含む)

専用タブレット保証サービス(故障、破損などの事故対応)
月額費用:300円(税別)
1年後に12ヶ月分を一括払い
※保証サービスに加入しない場合の事故対応には弁償代金15,000円(税込)

・利用環境整備
利用者、店舗側でインターネットが使える環境が必要です。

・決済手数料
3.50%
※2020年末まで1ヶ月の決済合計額10万円まで決済手数料0%

・入金手数料
無料

・入金回数
月1回払い
月末日締めの翌月15日払い

スポンサーリンク

ニッポンタブレットの導入方法と審査期間

ニッポンタブレットの導入方法

ニッポンタブレット導入はこちら(公式サイト)
→ https://nippon-tablet.com/function/qr-code

・申込方法(法人・個人事業主共通)
WEBサイトからサービスの申し込み

ニッポンタブレットの審査期間

申し込み日から8~55営業日
※ニッポンタブレット:5~10営業日
※各QRコード決済サービス事業者:3~45営業日

・審査に必要なもの
<確認書類(個人の場合)>

本人確認
運転免許証、保険証など
口座情報
写真
内観、外観、取扱商品・サービス

<確認書類(法人の場合)>
法人ナンバー
口座情報
写真
内観、外観、取扱商品・サービス

・審査の注意事項
公表なし

スポンサーリンク

ニッポンタブレット導入に向いている業種と理由

専用端末をレンタル配布されることと月額費用が発生することから、ランニングコストの負担がかかることになります。

初期導入費を抑えたい、機器類に関するサポートを受けたいと考えている方からすれば、それに見合ったサービスを受けることを考えると納得できるのではないでしょうか。

また、ニッポンタブレットでは他のサービスとして、クレジット決済や電子マネー決済も用意されていますので、QRコード決済サービスの他に要望があれば多岐に渡って対応してくれます。

新たにキャッシュレス決済を考えている方には導入プランも簡単ですし、将来的な相談もできるので検討するには丁度いいかと思われます。

スポンサーリンク

ニッポンタブレットのキャンペーン情報まとめ

・決済手数料0円キャンペーン
月額合計10万円まで
無料

月額合計10万円以降
3.50%

※2020年末まで

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました