低価格の三層構造フィルター不織布マスク

クラウドペイとは?クラウドペイの審査期間は意外と長い?

キャッシュレス導入

クラウドペイとはどんなサービス?

マルチ決済と言う便利なサービスをご存知でしょうか?

クラウドペイはマルチ決済と言われる決済の一つです。

クラウドペイの手数料や審査期間など導入する前に知っておきたいことをまとめました。

スポンサーリンク

クラウドペイとはどんなサービス?

株式会社デジタルガレージが提供するマルチ決済サービスのことで、複数の決済サービスに対応できるよう専用のQRコードをお客様が読み取る方式(ユーザースキャン方式)を採用しています。

クラウドペイはd払いの他にも、インバウンド対策としてアリペイウィーチャットペイの利用が開始されており、ラインペイメルペイのサービス開始も既に決定しています。

お店側では機器類などの初期費用がかかるようなものはなく、加盟店となった際に配送されてくる専用のQRコードが印字されたステッカーを設置するのみとなっています。

 

<クラウドペイ【店舗決済】>

店舗でQRコード決済ができます。

端末はスマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)で操作可能

プリント型

例)

お店:QRコードが印字されたステッカーをレジ(会計場所)に掲示

お客様:コード払いを告げて一般向けアプリを起動

お客様:QRコードを読み取り支払い金額を入力して決済

お店:加盟店向けアプリを起動して支払い状況を確認して完了

 

<利用できるクレジットカード>
なし
<利用できる電子マネー>
なし
<利用できるQRコード>
d払い、ラインペイ、メルペイ、アリペイ、ウィーチャットペイ
スポンサーリンク

クラウドペイ導入にかかる費用

・導入費用
無料

・クラウドペイ店舗用サイト
PCもしくは、スマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)の実費

・利用環境整備
インターネットが使える環境が必要です。

・決済手数料
3.24%

・入金手数料
無料

・入金回数
月2回払い

15日締めの当月末払い
月末締めの翌月15日払い

 

スポンサーリンク

クラウドペイの導入方法と審査期間

クラウドペイの導入はこちら(公式サイト)

Cloud Pay(クラウドペイ)|マルチ決済サービス
Cloud Payは、加盟店様に一つのQRコードを設置いただくだけで、さまざまなQR決済をご利用いただけるサービスです。

・申込方法(法人・個人事業主共通)
申し込みフォームに必要事項を入力して申請

・審査期間
申し込み日から1ヶ月~2ヶ月

スターターキット到着後に利用可能

・審査に必要なもの
<確認書類(個人の場合)>

本人確認
運転免許証や保険証など
個人事業の開業届出書
店舗外観写真(店舗URLが無い場合)

<確認書類(法人の場合)>
許可書、免許書(法人・個人事業主共通)
飲食店営業許可証、動物取扱業登録証、美容師免許、医師免許など

・審査の注意事項
特に記載されてませんでした。

スポンサーリンク

クラウドペイ導入に向いている業種と理由

お客様のサポートは各QRコード決済を運営する事業者が管理し、お店側のサポートはクラウドペイを運営するデジタルガレージが管理しています。

複数のQRコード決済をお客様が自由に選べることと、お店側の決済処理を一括で管理できることから、双方にとって利便性の高いサービスと言えるでしょう。

お客様の決済した情報は、お店側の専用アプリでリアルタイムに確認することができますので、QRコード決済に精通していない社員でも安心して任せられることになります。

QRコード決済を初めて導入するお店の他に、アルバイトを多用する仕事や業種など、人の入れ替わりのあるお店にも適しているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

クラウドペイのキャンペーン情報まとめ

現時点ではd払いのみキャンペーン展開をおこなっています。

・d払い加盟店ご紹介キャンペーン
2019年7月1日(月)~9月30日(月)

紹介ポイント

紹介したお店へ1,500ポイント贈呈

ウエルカムポイント

紹介されたお店へ1,000ポイント贈呈

 

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました