低価格の三層構造フィルター不織布マスク

JMSおてがるPayの導入方法!手数料は?

JMSおてがるPayキャッシュレス導入

JMSとはどんなサービス?キャッシュレス決済の導入は検討するのに悩みますよね?

JMSはカード決済や電子マネー決済の種類が豊富です。

決済手数料やお客様が良く使う決済方法があるのか?

これからお客様はどんな決済を使うのか?

これらを考えなが検討してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

JMSとはどんなサービス?

JMSはキャッシュレスを中心とした決済代行会社であり、JCB・三菱UFJニコス・UCカードと名だたるクレジットカード会社による出資を受けています。

従来、クレジットカードや電子マネーでの店舗決済は、それぞれの事業者との契約が必要でしたが、それを一つにまとめて導入することを可能としています。

導入費用に関して高価なPOSレジを新たに導入することなく、費用を抑えることができるサービスもありますので、新規でキャッスレス決済を導入するお店にとっては有難いと言えるでしょう。

<おまかせWebプラン【店舗決済】>
店舗でクレジットカードや電子マネー決済ができます。

端末は専用のカードリーダーで操作可能

カード読み取り型

例)

お客様:カード払いを告げてカードを提示

お店:カードリーダーを立ち上げて読み取り準備

お客様:カードリーダーへカードを設置

お店:決済完了を確認

<おてがるPay【店舗決済】>
店舗でクレジットカードや電子マネー決済ができます。

端末は専用のカードリーダーとスマホ・タブレット(iOS端末)で操作可能

カード読み取り型

例)

お客様:カード払いを告げてカードもしくはスマホを提示

お店:カードリーダー及び決済用アプリを立ち上げて読み取り準備

お客様:カードリーダーへカードもしくはスマホを設置

お店:決済完了を確認

<利用できるクレジットカード>
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー、銀聯カード
<利用できる電子マネー>
交通系電子マネー

Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん
商業系電子マネー
Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、nanaco、楽天Edy、WAON
<利用できるQRコード>
なし
スポンサーリンク

JMS(おまかせWebプラン、おてがるペイ)導入にかかる費用

・導入費用

※キャッシュレス・消費者還元制度にお申し込みの方は、
カードリーターとプリンターが「無償」となります。

<おまかせWebプラン>
専用カードリーダー(通常価格:公表なし)
※複数の種類から提案されます。

<おてがるペイ>
専用カードリーダー(通常価格21,000円)
専用プリンター(通常価格21,000円)

・店舗用アプリ

スマホ・タブレット(iOS端末)の実費

・利用環境整備

インターネット(Wi-fiを推奨)が使える環境が必要です。

・決済手数料

決済手数料:3.24%

クレジットカード
VISA、マスターカード
決済手数料:3.74%

クレジットカード
アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー、銀聯カード
交通系電子マネー
Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん
商業系電子マネー
Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、nanaco、楽天Edy、WAON

※キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録をすると、クレジットカード、電子マネーは実質 2.16%の決済手数料になります。

対象期間は2019年10月1日~2020年6月30日(予定)です。

・入金手数料
無料

・入金回数
月2回払い、月6回払いを選択

※月6回払いの場合、5日分の売り上げが5営業日後に入金されます。
※ゆうちょ銀行への入金はサポートしていません。

スポンサーリンク

JMS(おまかせWebプラン、おてがるペイ)の導入方法と審査期間

JMSの導入方法

JMSの導入はこちら(公式サイト)

→ https://www.japanmerchantservices.com/

<申込方法(法人・個人事業主共通)>
WEB申込
申し込みフォームに必要事項を入力して申請

対人申込
営業社員が来訪して提案および手続き

JMSの審査期間

申し込み日から加盟審査のうえ、通常2~4週間

その後、2~4週間で端末機器を設置して利用可能

・審査に必要なもの
※特に記載されていませんでした

・審査の注意事項
※特に記載されていませんでした

JMSでお申し込み内容を確認のうえ、各カード会社で加盟審査をします。

お申し込み時において以下の書類が必要となる場合があります。

営業許可証あるいは風俗営業許可証、古物商許可証等。

※お申し込み契約者と同一名称の許可証をご用意ください。

加盟審査時に追加で書類提出を求められる場合があります。

引用:https://www.japanmerchantservices.com/flow/

スポンサーリンク

JMS(おまかせWebプラン、おてがるペイ)導入に向いている業種と理由

JMSは独自のクレジットカードや電子マネーを発行することなく、国内で主流となっているキャッスレス決済の代行業務をおこなっています。

複数のキャッスレス決済を一度に導入することができますので、新たに加盟店になりたい方やキャッスレス決済を増やしたい方へ適していると言えます。

さらに、中国で唯一と言われているクレジットカード(銀聯カード)も提供してくるので、インバウンド対策としても活用することができます。

面倒な会計処理を一挙に担ってくれるので、キャッスレス決済に精通していない方にも安心して使えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

JMS(おまかせWebプラン、おてがるペイ)のキャンペーン情報まとめ

・キャッシュレス・消費者還元事業への支援
キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録をすると、クレジットカード、電子マネーは実質 2.16%の決済手数料になります。

初期導入時に必要なカードリーダーやプリンターを無償提供してくれます。

対象期間は2019年10月1日~2020年6月30日(予定)です。

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました