低価格の三層構造フィルター不織布マスク

Times Pay(タイムズペイ) の導入はネット環境がなくてもOK?

TimesPay導入キャッシュレス導入

タイムズペイのキャッシュレス決済は端末をレンタルすることができます。

気になるタイムズペイをの決済手数料や使えるクレジットカードや電子マネーの種類を紹介します。

キャッシュレス導入を検討している店舗様向けの記事となります。

タイムズペイとはどんなサービス?

タイムズペイはお客様が店舗でクレジットカード決済ができるサービスです。

Timesペイの店舗決済は専用のタブレット・カードリーダー・プリンターの3点セットで操作可能です。

※所持しているiOS端末、Android端末には対応していません。

<利用できるクレジットカード>
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー

<利用できる交通系電子マネー>
Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

<利用できる商業系電子マネー>
nanaco、WAON

タイムズペイ導入にかかる費用

Timesペイの導入費用

・3点セット
(専用のタブレット・カードリーダー・プリンター)

レンタルコース
初期費用0円

購入コース
初期費用25,000円
ただし、購入代金25,000円分のTimes駐車券チケットを贈呈

※タイムズペイでは4G回線を利用するのでネット環境は揃える必要がありません。

※3点セットのレンタルは何台でも提供してもらうことが可能です。

決済手数料

決済手数料:3.24%

クレジットカード
VISA、マスターカード

交通系電子マネー
Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

商業系電子マネー
nanaco、WAON

決済手数料:3.74%~

クレジットカード
アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー

※キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録をすると、クレジットカード、電子マネーは実質 2.16%の決済手数料になります。

※対象期間は2019年10月1日~2020年6月30日(予定)です。

入金手数料

すべての銀行で無料

・入金回数

入金回数は下記締め日で振込みとなり月2回となります。

1〜15日の売上
当月末日にご指定口座に振込

16〜末日の売上
翌月15日ご指定口座に振込

タイムズペイの導入方法と審査期間

タイムズペイの導入方法

Times Payの公式サイトより、『資料ダウンロード/お問合せ』より必要事項を入力します。

タイムズペイの導入はこちら(公式サイト)

Timesペイの審査期間

申し込み日から最短で3週間。

審査通過後クレジットカードおよび電子マネーが利用可能となります。

クレジットカード
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー

交通系電子マネー
Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

商業系電子マネー
nanaco、WAON

審査に必要なもの

・確認書類
個人の場合
本人確認(運転免許証や保険証など)

法人の場合
登記簿謄本

・許可書、免許書
飲食店営業許可証、動物取扱業登録証、美容師免許、医師免許など

・店舗確認書類
お店のメニュー表、パンフレットなど

タイムズペイ審査の注意事項

タイムズペイは3週間にも及ぶ審査・準備期間を要するので、以下のようなケースではさらに時間がかかることになります。

  1. 申込書記載の内容に不足・相違・不明点がないか
  2. 必要書類が不足していないか
  3. カード会社より、追加書類の提出などの要求があった場合は即対応

タイムズペイ導入に向いている業種と理由

Timesペイはクレジットカードや電子マネーで決済できるので、幅広い業種を対象に検討できると思います。

主要なクレジットカードと共に、電車通勤など電車をよく利用するユーザーは、交通系の電子マネーを所持しています。

その為、駅周辺の店舗に向いていると言えます。

また、ショッピングなどで便利な商業系の電子マネーにも対応していますので、ショッピングセンターの近くや繁華街に店を持つ方には販売促進に大きく貢献できそうです。

クレジットカードに関しては分割払いやリボ払いにも対応することができ、分割払いを選択されるお客様が多いことが想定される高価な商品を販売している業種にも向いていると言えます。

VISA、マスターカード
分割払い(2.3.5.6.10.12.15.18.20.24)、リボ払い

ダイナーズクラブ
リボ払い

決済端末は4G回線なので、店舗外(イベントなど)での決済も可能になります。

その為、出張サービスなどを提供している業種にも向いていると言えます。

サポート体制も充実しており、Times全国営業所の営業マンや365日無休(10:00~20:00)で電話応対してくれるのは嬉しいところです。

タイムズペイは便利なの?口コミと評判はどう?
消費税増税に向けての準備として、キャッシュレス決済の導入を検討されているお店は多いかと思われます。キャッシュレス・消費者還元事業との相乗効果もあり、様々な決済事業者が条件の良い導入方法を提案しています。その中でも、複数のキャッシュレス決済を同時に導入することができるタイムズペイに注目が集まっているようです。実際に利用したり、導入したりしているお客様やお店の口コミと評判をまとめてみました。

タイムズペイのキャンペーン情報まとめ

・2019年10月1日~2020年6月30日(予定)
キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録をすると実質 2.16% の決済手数料になります。

タイムズペイの導入はこちら(公式サイト)

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました