低価格の三層構造フィルター不織布マスク

テイクミーペイ決済のおすすめポイントは?

Take Me Pay導入キャッシュレス導入

テイクミーペイというマルチ決済をご存知ですか?

まだあまり知られていないかも知れませんね。

乱立する決済システム・・・。

店舗経営者が導入するにあたってテイクミーペイのおすすめポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

テイクミーペイ とはどんなサービス?

日本美食株式会社がサポートするマルチ決済代行サービスのことで、専用のQRコードを使用したキャッシュレス決済を実現しています。

お店側で機器類などの準備をする必要がなく、決済は全てお客様によるスマホ操作(ユーザースキャン方式)で完了させることができます。

複数のクレジット決済とQRコード決済の機能が備わっていることから、一度に多くのキャッシュレス決済を導入することができ、しかも、お店側でどのキャッシュレス決済を使用するのか把握する必要がありません。

会計処理の負担を軽減してくれるサービスと言えるのではないでしょうか。

<テイクミーペイ 【店舗決済】>

店舗でQRコード決済ができます。

専用のQRコードがプリントされたステッカーを用意します。

ステッカー設置型

例)
お客様:QRコード払いを告げてスマホで読み取り

お店:お支払い金額を提示

お客様:金額を入力してキャッシュレス決済を実行

お店:専用サイトで決済完了を確認

<利用できるクレジットカード>
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー、銀聯カード
<利用できる電子マネー>
なし
<利用できるQRコード>
ALIPAY、WeChatPay、LINE Pay、Apple Pay、Google Pay、UnionPay、PayPal、PayPay
スポンサーリンク

テイクミーペイ導入にかかる費用

・導入費用
無料

専用のQRコードが印刷されたステッカーを配布

・店舗用サイト
PC、スマホ・タブレット(iOS端末)の実費

・利用環境整備
インターネットが使える環境が必要です。

・決済手数料
3.00%

・入金手数料
無料

・入金回数
月1回払い
月末締め翌月末払い

スポンサーリンク

テイクミーペイの導入方法と審査期間

テイクミーペイの導入方法

テイクミーペイ導入はこちら(公式サイト)
→ https://www.takemepay.com/

<申込方法(法人・個人事業主共通)>
申し込みフォームに必要事項を入力して申請

テイクミーペイの審査期間と必要なもの

・審査期間
申し込み日から加盟審査のうえ、14営業以内

その後、決済ツール(ステッカー)を設置して利用可能

・審査に必要なもの
※公表なし(記載されていませんでした)

・審査の注意事項
※公表なし(記載されていませんでした)

出店申込書および必要書類の提出

出店申込書および必要書類を提出してください。

出店審査

出店申込書をもとに審査を行います。

必要に応じて担当者から追加の情報の提出をお願いする場合があります。

引用:https://www.takemepay.com/simpleqr

 

スポンサーリンク

テイクミーペイ導入に向いている業種と理由

専用のQRコードを店内に置くだけで複数のキャッシュレス決済を導入できるだけでなく、初期費用がかからず簡単に導入できることができます。

決済自体はお客様がおこなうことになりますので、アルバイトやパートの方に会計係を任せられることから、小売店などの幅広い業種に向いていると言えるでしょう。

決済情報は専用のサイトで一元管理していますので、売り上げ伝票との付け合わせも楽に行えるのは有難いのではないでしょうか。

クレジット決済にも対応していますので、インバウンド対策も同時におこなえます。

決済手数料は他社と比較しても安いので、コストパフォーマンスを考えても十分メリットはあります。

スポンサーリンク

テイクミーペイのキャンペーン情報まとめ

公表なし

スポンサーリンク

テイクミーペイのおすすめポイント

テイクミーペイのおすすめポイントは、手数料に着目したいと思います。

決済手数料が3%と言うのはちょっと高いように思うかも知れませんが、クレジットカードの決済手数料は3%を超えるサービスが多いです。

テイクミーペイの決済手数料は一律で3%となっているので、クレジットカードの決済手数料の部分がおすすめポイントとなりそうです。

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました