低価格の三層構造フィルター不織布マスク

LINE Pay(ラインペイ)の導入は簡単?決済手数料は0円?

LINE Pay導入方法キャッシュレス導入

ラインペイのQRコード決済は専用の端末、印刷、画面の読み取りなど種類が豊富です。

スマホのアプリでLINEを入れている人は、日本人なら大多数だと思います。

知名度がある決済方法なので経営者としてはチェックしておきたいQRコード決済ではないでしょうか?

スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ)導入のおすすめポイント

スマホと言えばLINEアプリですよね?

おそらく日本では、ほとんどのスマホにLINEがインストールされていると思います。

LINEはLINEアプリでLINE Payの告知・宣伝を行うことができるので、キャンペーンの告知などは多くの人に伝わります。

その為、LINE Pay(ラインペイ)の利用者数に期待できます。

キャンペーンにも期待できますし、当分の間は店舗に負担がなく導入できることもありおすすめです。

スポンサーリンク

ラインペイとはどんなサービス?

ラインペイはお客様が店舗でQRコード決済ができるサービスです。

店舗側はラインペイ3つの決済方法。

LINE Pay 店舗用アプリ【店舗決済】

端末に専用アプリをダウンロードしスマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)で操作します。

パターン1

お店:アプリを起動して決済金額を入力

お客様:生成されたQRコードを読み取り

パターン2

お客様:QRコードを店員に見せる。

お店:利用者が提示するQRコードをアプリで読み取り決済

LINE Pay 据置端末【店舗決済】

お店:据置型の端末を店舗に設置

お店:決済金額を端末に入力

お客様:提示されたQRコードを読み取り

お客様:決済金額を確認して決済を実施

Star Pay マルチ決済端末【店舗決済】

お店:据置型の端末を店舗に設置

お客様:専用のQRコードやバーコードを発行

お店:発行されたコードをリーダーで読み取り、決済金額を確認して決済を実施

プリントQR【店舗決済】

お店:専用ページからQRコード生成、印刷しレジ(会計場所)に掲示します。

お客様:掲示されたQRコードを読み取り決済金額を確認して決済を実施します。

POS【店舗決済】

お店:店舗に設置してあるPOSを改修

お客様:専用のQRコードやバーコードを発行

お店:発行されたコードをリーダーで読み取り、決済金額を確認して決済を実施

<利用できるQRコード>
LINE PayStar Pay マルチ決済で対応しているもの
Alipay、WeChat Pay、d払い、PayPay、RPay、Origami Pay、メルペイ
スポンサーリンク

ラインペイ導入にかかる費用

導入費用

・LINE Pay 据置端末
月額使用料:1,500円/台
(無料キャンペーンは2019年6月で終了)

・LINE Pay 店舗用アプリ
スマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)の実費

・Star Pay マルチ決済端末
コード払い専用端末機器
35,000円(税別)

※ネットスターズ社と端末の契約が必要
・プリントQR
QRコード印刷の実費

・POS
改修費用の実費

POSレジまたはStar Pay 端末によるLINE Payの導入をご希望の場合は、以下の内容をご入力ください。

あらためて担当者からご連絡させていただき、今後の導入までのご案内をさせていただきます。

引用:https://request.line-pay.info/pos_starpay.html

<初期費用(税別)>

・モバイル決済端末「StarPay」代金
35,000円/台
モバイル決済端末「StarPay」代金は、株式会社ネットスターズへのお支払いになります。

・BIGLOBEモバイル初期費用
3,000円

<月額費用(税別)>
・BIGLOBEモバイル
「StarPay」専用モバイル回線
500円/月×回線数

引用:https://biz.biglobe.ne.jp/starpay/index.html

・利用環境整備
Wi-FiやLTE、Bluetooth が使える環境が必要です。

※どのシステムを導入するかは選択することができます。
詳細はこちらの申し込み画面で!
→ https://pay.line.me/jp/intro?locale=ja_JP

決済手数料

決済手数料:無料
2021年7月31日まで

決済手数料:2.45%

2021年8月1日からQRコード決済
LINE Pay 店舗用アプリ、LINE Pay 据置端末、プリントQR

決済手数料:3.45%

QRコード決済
Star Pay マルチ決済端末、POS

Star Pay マルチ決済で対応しているもの
Alipay、WeChat Pay、d払い、PayPay、RPay、Origami Pay、メルペイ

入金

・入金手数料
通常(ラインペイによる締め処理)
無料

申請(入金申請による個別処理)
240円/回

・入金回数
通常
毎月1回(毎月月末締め翌月末払い)

申請
入金申請受付後、即時〜入金申請日の翌営業日までの振込

スポンサーリンク

ラインペイの導入方法と審査期間

ラインペイの導入方法

ラインペイの導入はこちら(公式サイト)
→ https://pay.line.me/jp/intro?locale=ja_JP

ラインペイの審査期間

申し込み日から最短で10営業日。

審査に必要なもの

<確認書類(個人の場合)>
・本人確認
・運転免許証や保険証など
・事業者証明書
・納税証明書、確定申告書など

<確認書類(法人の場合)>
・登記簿謄本
・許可書、免許書
・飲食店営業許可証、動物取扱業登録証、美容師免許、医師免許など

ラインペイ審査の注意事項

ラインペイは全ての業種が全てのサービスを利用できるとは限りません。

1.物品やサービスを実際に販売・提供していること

2.現行法令で販売が禁止されている商品や、公序良俗に反するような商品、換金性の高い商品を取り扱っていないこと

3.販売に際して届出・免許等を必要とする商品の場合、所定の届出・免許・資格等を取得していること

※審査の詳細、基準等については開示しておりません。

引用:https://pay.line.me/jp/intro/faq?locale=ja_JP&sequences=1

スポンサーリンク

ラインペイ導入に向いている業種と理由

LINE Pay 据置端末は、中~小規模店舗のおけるPOSレジ改修などをせずに手軽に導入できるメリットがあります。

店舗用のスマホ・タブレットを用意する必要がなく、月額使用料1,500円で済む点からもコストを抑えることができます。

LINE Pay 店舗用アプリは、店舗用のスマホ・タブレットを用意することで決済処理ができるだけでなく、LINEコミュニティーを通して販促効果も期待できます。

広告・宣伝費を抑えたい小規模店舗におすすめです。

プリントQRは、あらかじめ金額を設定したQRコードを印刷するだけですぐにラインペイが使えるようになります。

決済用の端末を用意する必要がありませんので、移動販売やイベントなど場所を選ばずに利用することができます。

Star Pay マルチ決済端末は、ラインペイのみならず他の決済サービスが提供しているQRコード(Alipay、WeChat Pay、d払い、PayPay、RPay、Origami Pay、メルペイ)を読み取ることが可能です。

将来、他の決済サービス導入を検討しており、レシート発行機能を必要としている店舗には先行投資として丁度良いと思われます。

既にコード払いをPOSレジに組み込んでいるのであれば、改修費用が大きくかからないようですので、ラインペイ側へ相談するのも一考です。

スポンサーリンク

ラインペイのキャンペーン情報まとめ

・2021年7月31日まで
決済手数料(2.45%)が無料となります。

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました