低価格の三層構造フィルター不織布マスク

ペイゲートステーションとは?導入費用や決済手数料

ペイゲートステーションとはキャッシュレス導入

ペイゲートステーション とはどんなサービスなの?

ペイゲートステーション はマルチ決済の中でも決済種類が豊富で使い勝手は良さそうですね♪

気になる導入費用や決済手数料は?

ペイゲートステーション導入を検討している店舗経営者が気になる情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

ペイゲートステーションとはどんなサービス?

大和ハウスグループである株式会社ロイヤルゲートは様々なキャッシュレス決済の代行をしていますが、それらの決済代行を一台の端末でおこなうべく、ペイゲートステーションを発売しています。

オールインワンとも言えるペイゲートステーションは、国内で流通しているクレジット決済、電子マネー決済、コード決済(バーコード、QRコード)、ポイント決済に対応しています。

通信手段はAndroidを採用していますので、スマホ感覚で決済処理を操作できる仕様となっています。

<ペイゲートステーション【店舗決済】>

店舗でクレジット決済、電子マネー決済、コード決済(バーコード、QRコード)、ポイント決済ができます。

専用端末を使って決済処理をおこないます。

例1)

お客様:クレジットカード払いを告げてカードを提示

お店:専用端末によりクレジットカードを読み取り

お店:金額を入力してキャッシュレス決済を実行

お店:レシートをプリントしてお客様へ渡して完了

例2)

お客様:QRコード払いを告げて決済用QRコードを提示

お店:専用端末によりQRコードを読み取り

お店:金額を入力してキャッシュレス決済を実行

お店:レシートをプリントしてお客様へ渡して完了

 

<利用できるクレジットカード>
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー、銀聯カード
<利用できる電子マネー>
Felica仕様の非接触ICカードおよびスマホ交通系電子マネー
Kitaca、Suica、PASMOなど

商業系電子マネー
Apple Pay、Google Pay、iD、QUICPayなど

<利用できるQRコード>
ALIPAY、WeChatPay、LINE Pay、d払い、PayPay、楽天Pay、Origami Pay

 

スポンサーリンク

ペイゲートステーション導入にかかる費用

・導入費用
オープンプライス
参考価格(7万円)
※ロイヤルゲートで決済代行サービスを申し込むと5万円前後になるようです。
※月々の利用料(通信料など)が別途発生するようです。

・店舗用サイト
PC、スマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)の実費

・利用環境整備
インターネットが使える環境が必要です。

・決済手数料
公表なし
※一般的な利率(3.24%~3.74%)となるようです。

・入金手数料
公表なし

・入金回数
月1回払いもしくは月2回払い

スポンサーリンク

ペイゲートステーションの導入方法と審査期間

ペイゲートステーションの導入方法

ペイゲートステーション導入はこちら(公式サイト)
→ https://www.paygate.ne.jp/station/

・申込方法(法人・個人事業主共通)
申し込みフォームに必要事項を入力して申請

・審査期間
公表なし

・審査に必要なもの
公表なし

・審査の注意事項
公表なし

スポンサーリンク

ペイゲートステーション導入に向いている業種と理由

ハンディタイプの専用端末にはあらゆるキャッシュレス決済に対応できるよう機能が備わっており、会計場所を選ぶ必要はありません。

クレジット決済、電子マネー決済、コード決済(バーコード、QRコード)、ポイント決済を一台でできますので、非常に便利と言えるでしょう。

通信手段もスマホと同じ仕組みとなっていますので、利用範囲も広く、例えば座席や店先でも決済処理ができることになります。

インバウンド対策もありますし、決済代行もロイヤルゲートがやってくれますので、キャッシュレス決済の先端と言えるのではないでしょうか。

多種多様な業種に広まっていくのが想像されます。

スポンサーリンク

ペイゲートステーションのキャンペーン情報まとめ

公表なし

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

キャッチ画像引用:https://www.paygate.ne.jp/station

タイトルとURLをコピーしました