低価格の三層構造フィルター不織布マスク

楽天ペイを導入すればQRコード決済以外にも何が使えるの?

楽天ペイ導入キャッシュレス導入
スポンサーリンク

ネットショッピングで楽天を使ったことがある人は多いと思います。

その為、楽天ペイを利用するユーザーも増加が見込めるので店舗としてはチェックしておきたいところではないでしょうか?

気になるのは手数料?それとも決済の種類?

今回は楽天ペイに関して概要をまとめました。

スポンサーリンク

楽天ペイとはどんなサービス?

楽天ペイには大きく分けて2つのサービスがあります。

楽天ペイ(アプリ決済)【店舗決済】

お客様が店舗でQRコード決済ができるサービスです。

端末に専用アプリをダウンロードしスマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)で操作可能となります。

<プリント型>
QRコードをレジ(会計場所)に掲示。

掲示されたQRコードを利用者が読み取り決済金額を入力して決済を実施します。

<ワンタイム型>
アプリを起動して店舗側が決済金額を入力。

生成されたQRコードを利用者が読み取り決済金額を確認して決済を実施します。

<利用できるQRコード決済>
楽天ペイ

楽天ペイ(カード決済)【店舗決済】

お客様が店舗でクレジットカード、電子マネーの決済ができるサービスです。

端末に専用アプリをダウンロードし専用カードリーダースマホ・タブレット(iOS端末、Android端末)で操作可能となります。

アプリを起動して店舗側が決済金額を入力。

クレジットカード(暗証番号入力)、電子マネーを読み取りカード決済を実施します。

<利用できるクレジットカード>
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー
<利用できる交通系電子マネー>
Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん
<利用できる商業系電子マネー>
楽天Edy、nanaco、iD、QUICPay、Apple Pay

楽天ペイ導入にかかる費用

導入費用

<楽天ペイ(アプリ決済)>
・スマホorタブレット(iOS端末、Android端末)の実費

<楽天ペイ(カード決済)>
・専用カードリーダー

通常価格18,800円/台
(キャッシュバックキャンペーン適用の場合は1台分のみ実質0円)

・スマホorタブレット(iOS端末、Android端末)の実費

※楽天ペイはアプリ決済、カード決済共に利用環境としてWi-FiやLTE、Bluetooth が使える環境が必要です。

決済手数料

決済手数料:3.24%

楽天ペイ(アプリ決済:QRコード)

決済手数料:3.24%

楽天ペイ(カード決済)

クレジットカード
VISA、マスターカード、アメリカンエキスプレス

交通系電子マネー
Kitaca、Suica、PASMO、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

商業系電子マネー
楽天Edy、nanaco

決済手数料:3.74%

クレジットカード
JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバー

商業系電子マネー
iD、QUICPay、Apple Pay

※楽天カードの場合、JCBでも決済手数料は3.24%
※キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店登録に関する情報は未定(記載されていませんでした)

入金手数料

<楽天銀行>
無料

<その他金融機関>
210円/回

・入金回数
楽天銀行
翌日自動入金

その他金融機関
入金申請受付後、即時〜入金申請日の翌営業日までの振込

楽天ペイの導入方法と審査期間

楽天ペイの導入方法

楽天ペイの導入はこちら(公式サイト)
→ https://smartpay.rakuten.co.jp/

楽天ペイの審査期間

申し込み日から最短で翌3営業日。

①審査通過後、クレジットカードのVISA、マスターカードが利用可能となり、交通系電子マネー、商業系電子マネーの楽天Edy、nanacoが利用可能となります。

②①の審査通過後、最短で2週間以内アメリカンエキスプレス、JCB、ダイナーズクラブ、ディスカバーが利用可能となり、審査通過後、商業系電子マネーiD、QUICPay、Apple Payが利用可能となります。

楽天ペイの審査に必要なもの

<確認書類(個人の場合)>
・本人確認
・運転免許証や保険証など
・事業者証明書
・納税証明書、確定申告書など

<確認書類(法人の場合)>
・登記簿謄本
・許可書、免許書
・飲食店営業許可証、動物取扱業登録証、美容師免許、医師免許など

楽天ペイ審査の注意事項

楽天ペイは全ての業種が全てのサービスを利用できるとは限りません。

ご利用には楽天ペイ(実店舗決済)の加盟店登録が必要です。

登録している業種が「画廊」「時計」「アクセサリー・宝石・貴金属」「陶磁器・ガラス・クリスタル」「美術品(美術、骨董品)」「美術品(古銭、切手)」の場合はアプリ決済をご利用いただけません。

審査結果(クレジット決済)によっては、ご利用いただだけるブランドがVisa、マスターカード、楽天カードのみとなる場合があります。
引用:https://smartpay.rakuten.co.jp/cmp/printed/?shop=5006803125360

楽天ペイ導入に向いている業種と理由

国内最大級のネットショッピングサイトを運用している楽天グループへ加盟するメリットは計り知れないものがあると言えます。

楽天ユーザーが多いこともあり、全ての業種に向いていると言えます。

マーケティングに基づいた経営支援や楽天会員を利用した集客支援は、小規模店舗にとっては頼りになることでしょう。

QRコード決済の他にもクレジットカードや電子マネー決済と、多様化した決済サービスは他にはない構成となっています。

楽天カードや楽天銀行を使うことで日々のキャッシュフローを手助けにしてくれるのもメリットの一つとなります。

楽天ペイのキャンペーン情報まとめ

・2018年8月1日以降
以下の条件をクリアした場合、楽天ペイ(カード決済)の 専用カードリーダーは通常価格18,800円ですが、実質0円のキャッシュバックキャンペーンが適用されます。

<プラン120>
登録振込先口座が楽天銀行+決済金額120万円以上

<プラン180>
決済金額180万円以上

※審査通過月を含め4ヶ月以内

★★★ おすすめ記事 ★★★

キャッシュレス化に迷ったらコレ!!

【店舗向け】電子決済(QRコード)の導入おすすめPAY(ペイ)ランキング

ネットで集客力を上げる方法【おすすめ・簡単】

タイトルとURLをコピーしました